9月13日からの療育について(岡山市 まん延防止重点措置への移行に伴う)

岡山市は、9月13日より緊急事態宣言がまん延防止重点措置に移行します。一時の新規感染者300人越えはなくなり、新規感染者は落ち着いているようですが、医療のひっ迫が懸念されるということで、まん延防止重点措置に移行するそうです。星とたんぽぽでは、以下の事を鑑み

・変異したウィルスは、子どもでも罹患する

・身近な園や施設でも発生している

・身近な人で「濃厚接触者」が聞かれるようになってきた

 

理事長や理事、職員と療育時間について協議した結果、9月いっぱいは、一人一部屋、他の人と接することのない、現在の1時間15分療育を継続することとなりました。

療育の大切さも十分わかっています。だからこそ、子どもの安全、安心を考えたうえで、短い時間ではありますが、一人ひとりに合った療育を続けてまいりたいと考えています。保護者の皆様、子どもたちには度重なるご理解、ご協力を、本当にありがとうございます。当分またご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解、ご協力をいただきますようお願い申し上げます。